高卒就職19歳で退職した人が、転職試験で合格の準備はこれでできる

※当サイトにはプロモーションが含まれます

高卒就職19歳で退職したが転職試験は何がでるか不安。試験と聞くとアレルギー反応を起こすくらい嫌いですね。

 

それでも、転職試験の準備は必要。これをクリアしないことには面接にいけないから、あきらめるにはいきません。

 

この記事では、転職の試験に合格する準備6つを詳しく解説します。これで転職試験合格の準備ができて、次の面接に進めることができます。

 

忙しい方はブックマークして、時間があるときに一読いただければ幸いです。

 

下記のような方にオススメです
高卒19歳、転職試験で合格したい方向け
・退職したが試験に合格する自信がない
・退職したが転職試験で合格する準備をしたい

高卒就職19歳で退職した方が転職試験で合格する準備はコレ

転職の試験に合格する準備は以下6つあります。

1.人物像を評価する検査(性格検査)

2.処理能力や正確性を検査(クレペリン検査)

3.性格適正や能力適正を検査(SPI)

4.一般常識

5.専門知識

6.企業独自の試験

転職試験で合格のため準備できるのは2から6です。1の性格検査は転職企業側が求めている人物像がどうかを見るためのもので、準備するものではありません。

 

高卒就職19歳で退職した方の職種により準備内容は異なる

転職先に応募したあと採用するまで企業ごとに選考フローがあります。

1.書類選考⇒試験⇒一次面接⇒2次面接(上層部)⇒内定

2.書類選考⇒試験⇒面接⇒内定

3.書類選考⇒面接⇒内定

大きくは上記3つのパターンが選考フローにあり、3は試験にないので準備は必要ありません。

 

エンジニアや研究職などの専門職で経験年数が長い人は、履歴書と職務経歴書で判断するので3が多いです。

 

高卒就職19歳で退職した方のパターンは1.2が基本

 

試験バリエーションは企業によって異なりますが準備は必要です。

 

専門職を目指す

2.処理能力や正確性を検査(クレペリン検査)

3.性格適正や能力適正を検査(SPI)

5.専門知識

6.企業独自の試験

専門職以外を目指す

2.処理能力や正確性を検査(クレペリン検査)

3.性格適正や能力適正を検査(SPI)

4.一般常識

6.企業独自の試験

高卒就職19歳で退職した方が転職試験で合格する準備内容

2.処理能力や正確性を検査(クレペリン検査)

3.性格適正や能力適正を検査(SPI)

4.一般常識

5.専門知識

6.企業独自の試験

上記内容ごとに説明します。

2.処理能力や正確性を検査(クレペリン検査)

 

クレペリン検査内容は以下サイトがわかりやすいです。

クレペリン検査の練習問題(無料)四訂版前期

 

 

3.性格適正や能力適正を検査(SPI)

SPIは以下3種類があります。

SPI-H・高校生

SPI-U・大学生

SPI-G・中途者

高卒就職19歳で退職した方はSPI-Gになります。

 

 

4.一般常識

 

問題ありの一般常識のオススメサイト

【問題例あり!】転職時の一般常識テストのオススメ対策法

 

5.専門知識

専門知識は仕事に求められる能力になります。

 

経理であれば簿記、プログラマであれば言語知識などで、求められる知識は仕事により異なるので、仕事の専門知識を調査して勉強が必要です。

 

高卒就職19歳で退職した方は、実務経験はあまりないので基本的な知識になります。

 

6.企業独自の試験

企業サイトから経営方針、製造製品、販売商品、沿革、顧客などの情報を整理して試験対策します。

 

高卒就職19歳で退職した方が転職試験で合格の準備まとめ

転職試験で合格する準備内容
  • 処理能力や正確性を検査(クレペリン検査)
  • 性格適正や能力適正を検査はSPI-G
  • 一般常識
  • 専門知識
  • 企業独自の試験

私は一般常識がボロボロになることが多く、あとからもう少し勉強しておけばとよかったと後悔することもありました。

 

勉強するのが苦手の方は、すべての試験対策は難しいので、どれかに絞ってするほうがいいかもしれません。

 

企業が重視する傾向が高いはSPIなので、ここだけを対象に試験対策をするとかになります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 再就職へ
にほんブログ村